【独身マイホーム購入記㉗】独身マイホーム購入後5年、思い描いた未来は現実になったか?

独身 マイホーム購入日記

前回
【マイホーム購入記㉖】マイホーム選びで失敗したと思った点【失敗談】
からの続きです。

マイホームを購入して5年が経った

そして時は
現在2020年2月にもどります。

5年前・・・30代前半で低収入、独身でマイホームを購入。

この間、職場も変わり、給料も上がり、人間関係も変わり、

いろいろなことがありました。

毎日つらいことも悲しいことありますが、
新しい発想やスキルを身につけられて、
介護職でありがながら手取り30万を安定的に超えている状態・・・。

同年代の他職種から比べると決して高くはありませんが、
昔ほどの低収入だとは思っていません。

分譲マンションを買ったら実現したいと思っていたこと

ライフプラン、将来設計。

何と言ってもマイホーム購入は

購入決意
⬇️
物件探す
⬇️
購入決定(契約)
⬇️
新居完成・引越しまでのワクワク感!

この過程がメチャメチャ楽しいと思います。

この過程の中で思い描いていたことは
独身マイホーム購入記で記述してきましたが、
まとめると以下のような感じです。

1、マイホームという自分の拠点を持つ事で介護の仕事をもっと頑張りたい!
2、シアタールーム(映画鑑賞室)をつくりたい!
3、書斎をつくり、自宅での勉強や仕事に励みたい!
4、「寝る」「食べる」「娯楽」といった生活の空間を分けたい!
5、広々としたキッチンで自炊を頑張りたい!
6、ワンルームアパートで置けなかった家具を置きたい

このひとつひとつについて、
5年経った今、どうなっているかを記述していきます。

1、マイホームという自分の拠点を持つ事で介護の仕事をもっと頑張りたい!について

強い意志

これに関しては、マイホーム購入ということが影響しているのかしていないのか
正直、自分でもよくわかりません。

でも、
「職場に近い場所」をマイホームの場所に選んだことで、
通勤自体がとても楽になり、自分の時間を生んでいました。

ただ私はその職場自体を変えてしまいました。

いや、職場を変えたこと自体は新しいステップのためなので、
何ら後悔していないです。
通勤距離もクルマで5分くらいしか差がないです。

ただ、ワンルームアパートであれば、もっと違う選択肢で
遠くに引っ越していた自由もあったかな・・・とも思います。

だからマイホームを持ったからといって、
仕事が前以上に頑張れているかというと
正直、そんなに変わらないのかなと思います。

今の時代、副業で稼げるようになりましたし、
むしろ本業をそんなに頑張らなくて良いなという気持ちにもなっています。

2、シアタールーム(映画鑑賞室)をつくりたい!について

作っていません(笑

そもそも時代が変わり、
TVモニターでYouTubeやHuluばかり見るようになりました。

また、iPadやiPhoneでもいろいろな楽しみがありますし、
シアタールームどころか、
わざわざ2時間近くも映画を観るということ自体なくなっています。

シアタールームの予定だった場所は、洗濯物の室内干しの部屋となっています。

今年2020年は5Gで世界が変わると言われています。
その後、6Gの話題まで出ています。
娯楽も変わるんでしょうね。
そのために部屋を用意するというのは時代遅れだったのかもしれませんね。

3、書斎をつくり、自宅での勉強や仕事に励みたい!について

耳が痛いです。

【独身マイホーム購入記㉓】夢の書斎をつくる!【家具購入】

で記述していますが、
書斎はマイホームを購入してすぐに作ったのです。

そしてその部屋で勉強を続けて難関だったケアマネジャーの資格にも合格できました。
集中する環境があったのは良いです。

ただ、

約2年ほど前にその書斎デスクを、寝室へと移しました。

単純にその部屋にエアコンをつけていなかったこともありますが、
なぜか急に自分の中での考え方が変わり、

寝室=自分の落ち着いて勉強できる場所
となってしまったのです。

それから1年は寝室で勉強していました。

そしてかつて書斎だった部屋は、
畳のゴザを敷いて、ストレッチと筋トレ専用部屋へと化しました。

4、「寝る」「食べる」「娯楽」といった生活の空間を分けたい!

ワンルームアパートの頃は、
「寝る」「食べる」「娯楽」「仕事」「休む」「考える」「着替える」「おしっこする」
などが全部同じ部屋で行われていました。

失礼しました。「おしっこ」はトイレでしていました。

そしてマンションを買ったらこれらの空間を分けることで、
生活のメリハリをつけるという事を目標にしていました。

ですが、

「部屋の移動が面倒」

という結論に至りました。

もちろん、寝る部屋は別にしたいですし、
それは今も変わりません。

だけど、

今はリビングダイニングで娯楽、読書、休養、仕事を全部やってしまっています。

こうやってブログを書いているのも、リビングダイニングなんですよね。
冬だからリビングダイニングの床暖房が暖かいのです。
わざわざ寒い寝室デスクまで戻って作業したくないですよね。

そもそも、畳んだ洗濯物すらリビングのテーブルに置いてある・・・
そんな日々が続いていました。

生活のメリハリ・・・ぜんぜんできていないですよね。

ただ、
寝室を分けたり洗濯物部屋をつくったり、ストレッチ部屋があったりはするので、
ワンルームアパートのままで良かったということは絶対にないと言えます。

とくにストレッチ部屋ができたおかげで、
朝と夜に必ずストレッチをするという習慣が身につきました。

ただ、
【マイホーム購入記㉖】マイホーム選びで失敗したと思った点【失敗談】
にて書いたのですが、
独身者向けのコンパクトマンションでも良かったかなと思っています。

次回のマイホーム購入に役立てたいですね!

5、広々としたキッチンで自炊を頑張りたい!

スープカレー

自炊に関しては、

やる時はずっと自炊している日々が続く

やらない時はスーパーのお惣菜ばっかり

といった感じです。

「食」は「健康」に大きく関わっているため、
とくだん気をつけているつもりです。

ご飯は十六穀米や白米を土鍋で炊きますね。

タカラスタンダードの3口コンロで、
「炊飯」というモードがあるのでよく使っています。

そのため、土鍋で美味しいご飯が非常にラクにできます。

こうした環境は、
ワンルームの時よりも料理のモチベーションを高めていると言えますね。

6、ワンルームアパートで置けなかった家具を置きたい

家具に関しては
【独身マイホーム購入記㉔】リビングダイニングの改造!【快適】
に書いています。

そして、前項までの環境のふまえて
現在のモーニングルーティンは

起床

ストレッチ、トイレ

朝ごはんを食べる

ソファーで寝転がりながらYouTubeで勉強やリラックス

洗面して出かける

という感じです。

このおかげで、朝起きるのが億劫ではなくなっています。
環境の変化が行動を変えていることがよくわかります。

結局のところ、独身でマイホームを買って後悔していないか?

マイホームがほしい。夢のまた夢?

何度もいうように

マイホームを買って本当に良かったです。

ブログでは伝えきれないほどの
満足感があるんですよね。

仕事に疲れて夜遅く帰ってきたときでも、
玄関を開けたときのホッとする感
ワンルームの時と全然違う。

それなりにレイアウトや
整理整頓をしているからかと思いますけどね。

ワンルームのときは借り物の家という認識から、
ロクに掃除もしなかった感じです。

「環境が人を変える」

これは間違いありません。

上記のシアタールームや書斎での計画など、
思い描いていたことが100%実現しなくても、
前向きに取り組んで行動したことが、
たくさんのプラスの結果を生んでいます。

さて、

この購入記も27回まで続き、
次回28回でいったん区切りを迎えるかたちになります。

今後は
一番このブログで行なっていきたい永遠のテーマについて
取り扱っていく予定です。

いつもお目通しくださりありがとうございます。

次回、最終回
【独身マイホーム購入記㉘】過去、今、そして未来【最終話】
へ続きます。

 

 

 

 

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。