【スピリチュアル⑫】自分の中の『負け』を作っておく【介護の仕事、弱み】

スピリチュアル 介護 ブログ 弱み

前回
【スピリチュアル⑪】
スピリチュアル的にみて「成功者」って?

からの続きになります。

 

先日、
ストレングスファインダーという
自分の強みがわかるウェブテストを受けました。

ストレングスファインダー 強み ブログ

180門くらいの質問に
ネット上で答えていき、
その人にあった強みとアドバイスがわかる
というものです。

結果はこんな感じ。

ストレングスファインダー 着想 結果 マトリクス

わたしは『着想』(アイディア)が34項目中1位で、
この結果はまぁ、予想どおりかな・・・
と思いました。

子供の頃から自分が褒められることといえば、
発想力が一番でしたから。

 

反面、マーカーがついていない部分は
弱い部分なのかもしれません。

『とくにここが弱い』
という部分も知りたければ
追加でお金を払えば良いそうです。

強みを伸ばすか、
弱みを克服するか・・・

それはその人しだいですよね。

 

今日の記事では
スピリチュアル的に考えて
弱み(負け要素)をそのままにしておく

という考え方についてお話しします。

アルゴ まとめ ポイント 解説

強みもあれば弱みもある

マッサージ屋 老舗 汚い

この世の中に完璧な人なんいないので
一人一人に弱みがあります。

先ほどご紹介した
ストレングスファインダーの目的は
強みを知り、それを活かすことにあります。

それは生活や仕事においての話ですが
当然、周りの人からは
自分の欠点に対して指摘を受けたり、
改善をするように求められることって
ありますよね?

それは仕方のないことで、
弱みの改善もある程度は必要だと
わたしも思います。

 

ですが、
スピリチュアルの視点で考えると
またちょっと違う捉え方ができるのです。

 

負けを作っていても良いのではないか

筋トレ 継続できない

 

ストレングスファインダーで
特に弱い部分を知るテストは
受けていませんが、
だいたい、ここが弱いな・・・
という部分は予測できます。

わたしはブログやSNSでの発信や
職場でも自分の意見を言うのが得意ですけど
人付き合いがあまり得意なほうでは
ないのです。

それだけじゃなく、
体調面や性格面でも
人から劣等感を感じることは
いまだにあります。

会食恐怖症 低収入 落ち込み 対人恐怖症 克服

苦しみ、弱み、負けをあえてそのままにするという考え方

 

ここからが
スピリチュアル的なお話しになってきます。

 

わたしは現在
人生の中にある苦しみの中で、
そのままのほうが良いものもある
と感じています。

 

まず、
自分の強み、弱みというとらえ方を変換し、
以下の2つにわけます。

 

●自分の人生にうまくいっている部分
●自分の人生の負の部分

この後者の『負の部分』について
人によって

・お金がない
・家族との関係が悪い
・顔がブサイク、スタイルが悪い
・病気をもっている

など、努力しだいで改善できることもあれば
生まれつきのものでどうしようもないものも
あります。

 

人生において負の部分をなくそうと
努力することは自由意志ではありますが、
わたしは最近、そうしたものも
あえて自分の中に残して良いのでは
とすら感じるのです。

それはなぜかというと、
ある負の部分を克服してしまうと
また別の新しい負の部分が
どこかで生まれてきてしまうと思ってます。

 

この世に生きるすべての人が
つらいこと、苦しいことを経験しています。

わたしはスピリチュアルを学んでから、
努力をしたり、学びを深めるにつれ、
そうした苦しみから解放されていくことに
気付きます。

しかし「楽になった」と感じるのは
あくまで人生に起きる出来事に対して
自分のとらえ方と行動が変わった結果と
思っています。

神様は試練を与え続けるので、
つらいことが人生からゼロになることは
根本的にないのではと思ってます。

しかしながら、
一人の人間が許容できないほどの試練を
与えられるようなことはないとも思います。

 

なので、
今自分の中にある苦しみに対処ができるのなら
それはそのままにしておいて、
新たな苦しみを生まないようにしよう

という考えもあります。

介護の仕事で日々、感じる

スピリチュアル 介護 弱み ブログ

 

それは介護の仕事をしていると
つくづく思います。

こういってはなんですが、
本当に対応に苦労する利用者さんが
いつの時代にも一人はいます。

 

しかしまた、いつの時代にも
そうした利用者さんが
いっぺんに在籍することはないのです。

必ずどこかで
宇宙の法則が働いて、
介護士、利用者さん双方に
許容できる課題を与えてくれているのだと
思っています。

 

なので介護の仕事をして
十数年のわたしですが、
いつもこのように思います。

「今ある困難は自分にとって必要なもの」

このようにして
起こる出来事に感謝をしていくことです。

そうやってポジティブに生きていると
だんだんと自分の幸福感は増えます。

 

そうしたスピリチュアル的なことを忘れ
ただただ
「大変だ、大変だ」
と慌ただしく仕事をしたり、
誰かの悪口や愚痴を言うと
余計に苦しみが増していきます。

 

人生において
苦しみはあって当たり前のもの
自分にとって解決しようない問題は
あえてそのままにして、ただただ許容・・
そして感謝していく

これが今、
わたしが幸福感を感じるうえで
一番スマートな生き方だと思っています。

 

こまかな失敗や
本当につらいできごとは
全部インスタグラムでイラストにして
笑い話にしてやってます。

良かったらこちらも見ていただき、
フォローしてくださるとうれしいです。
👇

アルゴのインスタグラム

 

ツイッターやってます😄

 

 

ツイッターでは
介護イラストや
スピリチュアルの考えを
日々馬鹿まじめに発信します。