【独身マイホーム購入記⑱】いよいよマイホームに入れる【内覧会】

マイホーム 内覧会 独身 ブログ

ちょっと寂しい思いをした入居前手続き

一人暮らしの寂しさ。一人晩ご飯を食べる。

前回
【独身マイホーム購入記⑰】住宅ローンの申し込み【緊張】
からの続きです。

いよいよマイホーム引っ越しまで2ヶ月とせまった頃。
不動産会社ではなく、マンションの建築会社本社に行き、入居前の手続きがありました。

家を買うのにいろいろ試算はしていたものの、オプション購入額などが予想以上にかかってしまったため、頭金などを調整しましたが、それでも入居をした後にすぐ払う額などを考えると、けっこうこの時期はギリギリだったかもしれません。(よくやっていたな・・・)

そんなこんなで入居説明会に参加。
ファミリーマンションであったため、説明会に来ているほとんどが夫婦でした。

一人で説明会を聴いていたのは自分一人以外には見当たりませんでした。
人の目線なんてあまり気にしないのですが、さすがにちょっとこの時ばかりは気にしてしまいましたね。

この入居前手続きの明後日に、待ちに待った内覧会があるのです。
モデルルームは2、3回見させてもらいましたが、
自分の買った家に入れるのは初めてです。
何日も前から興奮がとまりませんでした。

待ちに待った内覧会

そしていよいよ内覧会当日。
すでに完成している新築マンションに行きました。

到着するとエントランスホールで担当者の人に迎え入れられました。

「何かまたややこしい説明とかがあるのかな」と思っていたのですが、
ほとんど説明はなく入ることができました。

そして担当者と一緒に玄関を開けます。

「うわぁ!」

「ここがマイホーム・・・・。」

玄関を一歩入った時には新築特有の香りと、
オプションでつけたエコカラットの壁が目に入りました。

「すげぇ・・・。ワンルームアパートとは大違い!」

まだ、全く何も置いていない状態ですが、
人生初めてのマイホームであり、その感動は今でも忘れられません。

そして寝室(となるであろう場所)、洋室、廊下、トイレ、洗面所浴室、リビング、などをまわっていきました。

南向きの部屋であったため、ちょうど昼には日差しが気持ちよく差し込んできて、
マンションの植栽なども目に入ります。

まだ、やっぱり何も置いていない状態ですが、
「気持ちがいい」
「本当にこの間取りを買ってよかった」

そう思いました。

いったん、設備の説明を受けたあとはエントランスホールに戻り簡単な他の事務手続きをして、
その後はあらためて一人で入ることができました。

この時、真夏だったため、エアコンがなく部屋が暑くてがまんできませんでした。
本当はもっとこの場所にいたかったのですが、
とりあえずカーテンの採寸などをすませたら帰ることになりました。

引っ越しまで1ヶ月半。いろいろ面倒なことが多い。

引越しの楽しみとはウラハラに、面倒な事務手続きが多いです。
実家からワンルームアパートに引っ越してきたときは、賃貸だったのでここまで面倒だとは思いませんでしたが。

しかし全部自分のこれからの生活のためであったので、面倒も楽しみにかえることができました。

本当に仕事の時も引越しのことばかり考えていて、
「早く日にちが過ぎないかなぁ」
と日々思っていました。

手続きとは別に、カーテンなど必要なものを買いに行く必要もありました。
照明やカーテンなど一部のものは、引っ越した直後からなくてはならないもの。
オプションで買うには高すぎたので、これらは自分で購入することにしました。

これから家を買う人で、資金に余裕があって面倒なことが嫌いというのであれば、
オプションですませておけば、引っ越した時にすでに取り付けられている状態ですのでそれでも良いかもしれません。

【マイホーム購入記⑲】マイホーム引越しまでカウントダウン【準備期間】
へ続きます。

 

 

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。