【独身マイホーム購入記⑰】住宅ローンの申し込み【緊張】

低収入 年収300万 住宅ローン

住宅ローンの正式な申し込みをする

前回
【独身マイホーム購入記⑯】早く決断をして良かった【納得】
からの続きです。

月収手取り18万前後の私が家を買えるとは思いませんでした。

そして引越しまであと4ヶ月となったところで、
住宅ローンの正式な申し込みをすることになりました。

そのために市役所に書類をとりにいかなかればなりませんでした。
思えば、マイホーム購入前後の1年間はこうした書類提出などが多く
本当に慌ただしかったですね。
ただその3倍も4倍もワクワクが大きかったです。

もともと自分は固定金利も考えてフラット35で申し込む予定でしたが、
フラット35Sで契約できることになりました。

フラット35Sとは、簡単に言うと一定の条件に当てはまる住宅だと、お得になるということです。
私の購入した新築のマンションが長期優良住宅であったため、これに該当しました。

これにより月々の支払いが4000円くらい安くなって、40000円前後ですみました。
これは今までワンルームアパートで支払っていた60000円の家賃よりもお得。

もちろん、固定資産税やマンション管理費・修繕積立金もふくめて総合的に計算する必要がありますが、金額的なものだけにかかわらず、それ以上の夢がマイホームにはあります。

購入の契約をする前にローンの仮審査には通っていたものの、
今度はいよいよ本審査があり、これには1ヶ月を要するとのことでした。
営業の人は「まぁ大丈夫だと思います」と言っていたのですが、
過去にクレジットカードの審査ですら落ちた経験から、結果がでるまでは安心できませんでした。

ローン審査通過

翌月、書類が届き、無事に住宅ローンの審査を通過することができました(^^)ノ

「やっと、これで、本当に・・・・引越しが決まったんだ。」
と思いました。

ローンが降りなきゃ全てがパァという状況に悩んでいました。
だがこれで本当に引越しが確定しました。
後は健康に留意しながら、時間さえ過ぎればいい、仕事を頑張ればいい。
そうして約3ケ月をしっかりと過ごして行こう。

団体信用生命保険は3大疾病つきのものを選んだ

フラット35を申し込む条件は、団体信用生命保険(団信)に入ることでした。

この保険は、自分が死んだらローンが完済されるというものです。
私は独身一人暮らしのため必須です。

さらにこの団信には、3大疾病付き団信というものがあり、
「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」のいずれかの診断を受けると
ローンが完済されるというもの。
私はこの3大疾病付きに加入することにしました。

やはり毎年の保険料は少し高くなるものの、自分のライフスタイルを考えると
「安心をお金で買う」と考えれば良いと思いました。

逆にこれに入らず、
「病気で倒れてローンが返せなくなったらどうしよう?」
と35年間悩み続けるよりはよっぽど安いモノですよね。

ローンが内定している時点で、団信も内定していますので、それは安心でした。

今住んでいるワンルームアパートに解約の連絡をする

新築祝い

ローンが内定し引越しが最終確定したため、
ワンルームアパートの不動産屋に、
数ヶ月後にアパートを出る連絡をしました。

解約の理由を尋ねられたところで、
「実は、家を買うことになりまして・・・」

と答えたのですが、かえってきた言葉は

「そうですか。おめでとうございます

と、とてもにこやかに返してくれました。

私は心の中で、
「そうか、家を買うとか建てるっておめでたいことなんだな」
と改めて思いました。

今思えば新築祝いは誰からももらうことはなく、
自分の人生のために買った家であったため何もショックは受けませんでした。

ただ、なんかこの電話のときは嬉しく感じました。

「こちらこそ、本当にありがとうございます」
と伝えました。

10年間住まわせてくれたワンルームアパートです。

楽しい思い出やつらい思い出がたくさんあります。

愛情がつまってます。

【独身マイホーム購入記⑱】いよいよマイホームに入れる【内覧会】
へ続きます。

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。