【独身マイホーム購入記㉒】引越し後の単純作業のひとつひとつが楽しい【荷解き作業】

荷解き 楽しい マイホーム

新居での夜明け

前回
【独身マイホーム購入記㉑】夢のマイホーム生活スタート!【新築マンション】
からの続きです。

引越し前日のドタバタと、引越し当日の一日と、
本当にあっという間に時間が過ぎ去っていきました。

引越し前から38℃の熱が出ていたため、
引越し当日に病院へ行くということになりました。

その薬が効いているせいなのか、新居で初めての睡眠は本当によく眠れました。
ただ、薬のせいか朝起きたときにもうろうとしており、
「これは夢なのか、現実なのか・・・?」と錯覚してしまうことがありました。

いや、現実です。
夢に見ていたマイホームに引っ越したのです。

今日もひたすら段ボールの荷解きをする

荷解き作業 楽しい

段ボールの荷解き作業ばかりしていたので、少し気晴らしにプレステをやったりましたが、
すぐにまた段ボールとひたすら格闘です。

モノであふれかえっていたワンルームアパートの物品を、
収納スペースが十分にある新居に配置していきます。

ちょうど仕事は引越しのために4連休をとっていたため、今日明日はまだゆっくり荷解きできます。

この作業は単純作業なのに、本当に楽しいですね!
新築の香りを味わいながら、ゆっくりと自分だけの空間を創り上げていきます。
正直、この引越し前後のワクワクをまた味わいたいなと思いますよ!

独身でマイホームを買うなら、将来シアタールームを作りたいなと思っていました。
3LDKの田の字型マンションですが、リビング横の部屋を将来的にそうしたいとか、
夢を膨らませながら家具を配置していきます。

こうして、引越して2日目の1日も楽しみの中であっという間に終わりました。

10年間過ごしたワンルームアパートと最後の別れ。涙が出た。

長く過ごした家に別れを告げる

翌日は、前のワンルームアパートに3日ぶりに戻ることになりました。
というのは、蛍光灯の取り外しや、解約手続きなどがまだ残っていたからです。

玄関を開けると、
たった3日だというのに、懐かしい感じがしてしまいました。

引越し前日には掃除用具も持って行ってしまったため、家具をどかした後に掃除ができませんでした。
なのでこの日は不動産屋の人より1時間くらい早く行って、掃除などをしていました。
ベッドをどかした下には埃がたまっていたのですね。

その後、無事に手続きを終え、不動産屋の人に感謝を伝えました。
敷金15万のうち10万円が戻ってきました。
なんか今は法律が厳しくなり、
敷金はよほどのことがない限り全額返金してもらうべきだという話もありますが、
私は細かいことは言わず、ただ感謝の念しかありませんでした。

そして、クルマのエンジンをかけてアパートの駐車場を出るとき、
「それじゃあな・・・。ありがとう」
と心の中でつぶやきました。

引越し前日にも同じように感情に浸る時間があったのですが、
この地から本当に別れるんだ・・・という気持ちがこみ上げてきて
涙を流してしまいました。

モノや家というのは何もしゃべらないけれど、
愛情がたくさんつまっています。

この時から4、5年経った今も、
「あの部屋で誰かが生活しているんだな・・・」と思うと
嬉しい気持ちになります。

【独身マイホーム購入記㉓】夢の書斎をつくる!【家具購入】
に続きます。

 

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。