【これからの人生】2軒目のマイホームを購入したい【目標】

現在、低収入・独身・マイホーム購入をテーマにブログを書いていますが、これは今から4、5年前に家を買ったことを振り返って記入しているものです。
振り返ってといっても、私はかれこれ15年近く毎日日記をつけてきたので、それを見返してブログ用に再編するかたちです。

日記はつけておくものですね。あとから見返して、
「あの時こんなことがあったなぁ」
「こんなウザイ奴がいたなぁ」
「あんな恋をしていたんだなぁ」
と鑑賞にひたることもできますし、
こうやってブログとして情報発信することもできます。

2軒目の家を買うという目標

「低収入じゃなかったの?2軒目の家なんか買えるの?」
と思われるかもしれません。

もちろん、今すぐにではありませんが、マンションではなく戸建てを買おうと思います。

マンションを買った理由の一つに、
【独身マイホーム購入記⑧】住まい探しを楽しむ【購入の判断材料】
で書いたような、
年をとると階段を上がれなくなるということがありました。

老いって誰にでもあり、いつかは階段どころか平な場所でも歩けなくなるというのに、
「自分はそうならない」と馬鹿みたいなことを言う人がいるんですよね。

介護の仕事をしていると、ごくまれにそういう人も見かけますけど、
90歳を超えて階段をスタスタ登り降りできるのは、100人に1人いるかいないかでしょう。

自分は若いから良いのですが、
高齢になってから終の住処(ついのすみか)としてマイホームを購入するのならば、
確実にマンションですね。

私ももうすぐ40歳になりますが、そうした点もふまえて、
私の次に買う家は平家が良いと思っています。

固定資産税などの関係もありますが、現在の3LDK(75平米)くらいを維持すれば余裕で払える額です。

暮らしの目標が日々の生活を豊かにする

自分の家を買うというのは、狭いワンルームで一人暮らしが長かった自分にとって夢でした。
その夢が叶った今、次の目標を作らないと、なんとなくダラダラと生きてしまうかなと思います。

今の仕事はやりがいもあるし好きなので完全に辞めようとは思いませんが、40代後半くらいになったら一線を退き、週5日働くことはやめようと思っています。

自分はもっともっとやりたいことがあるので、そのための拠点作りがしようかなと思っています。
そういう目標があると、毎日が楽しいですね。