【スローライフ】約20年ぶりに地元に引越してから1ヶ月

地元へ『Uターン引越し』をしてから1ヶ月が過ぎた。

最近はYouTubeでその様子をVlogとしてお伝えしているが、動画編集にとても時間がかかるので、時系列としては完全に1ヶ月遅れの様子となっている。

このブログはさっと時間がある時に好き勝手書こうと思っているので、不定期更新ではあるが情報は最新のものである。

 

1ヶ月経ったけど次の引越しにむけてすでに準備している(笑

私は前居のマンションを売却はしたものの、まだ引き渡しは来年1月である。

なんでこんなに早く引越したかというと、引越し先を探している段階で、良い物件は早く契約しないとすぐ消えてしまうからである。それは分譲も賃貸も同じだ。

私が来年1月に引き渡しをするタイミングで、もし引越し先が決まっていなければ大変なことになる。かといって、売却が決まった今年夏にすぐ引越し先の賃貸を探し始めてすぐに決まってしまったらその分、分譲マンションの『ローン+管理費』と賃貸の『家賃』の2つを払うことになる。

間をとって引き渡しの3ヶ月前に探し始めたのだが、ちょうどその時に良い物件が出た。

良い物件といっても、このブログや動画でお伝えしているが、戸建て賃貸を探しまくっていたのだが、それは見つからなかった。だから妥協してのこの賃貸アパートだ。

 

引き渡しまでにこうして引越し先が決まっているから安心なのだが、引き渡しをしたら本来探していた戸建て住宅を探し始めると思うし、その経過もブログや動画でお伝えしていく。

とにかくもう、共同住宅の騒音が嫌なのだ。ここ1,2年で聴覚の疾患にかかってしまったこともあるが、それがなくても壁や天井を伝わる音や振動にものすごいストレスを感じる。

 

引越しの際に管理会社や引越会社に合計で40万くらい払っているから、早く引越してしまったらそれが無駄になるが仕方ない。自分の幸せ、目指すスローライフには変えられない。

40万は痛いが、ギャンブルやキャバクラで数百万失っている人に比べれば問題ない。正直、10年は何もしなくても食べていける貯金もあるし、株や投資信託、暗号資産で運用も成功している。

一番大切なのは自分の生活の礎(いしずえ)たる自宅なのだ。

職場を除けば(フリーランスではあるが)365日で一番いる場所が自宅なのである。その場所が心地よい場所でなければ何の意味もない。