【漫画もあるよ】Kindle Unlimited に登録するメリット【半年使っての感想】

Kindle Unlimited キンドルアンリミテッド 読書 読み放題 イラスト 漫画

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)という Amazonが展開するサービスについて紹介します。

Kindle Unlimitedは、月額980円で電子書籍が読み放題になる、というサブスクリプションサービスです。

電子書籍業界はYouTubeやブログに比べ、まだまだ未成熟な面もあります。しかし年々、電子書籍の売上は上昇しており、今後も右肩上がりになる様子です。

そうなると、今後もキンドル本のラインナップはさらに増えてきますね。

 

本記事では、私自身が半年間Kindle Unlimitedを利用してのメリット・デメリットについて、お話したいと思います。

結論から先に言うと、本が好きな人なら絶対登録しておくべきサービスです。

 

電子書籍サービスの中で、Kindle Unlimited がオススメな理由

いいね Lineスタンプ

私自身は紙の本も電子書籍も両方読みます。

電子書籍は欲しい本が一瞬で届くし、紙の本よりも価格が安い(半額以下の場合あり)ので良いですよね。
中には、紙の書籍で絶版になっていたり、売り切れになっているものも、購入することができます。

私がメインで使っている電子書籍サービスは次の3つ。

●Kindle Unlimited
●楽天Kobo
●iBooks

どれも操作性と使用感は同じ感じですね。

しかしこの中から、なぜKindle Unlimitedが良いのかをお話します。

 

メリット① 月額980円で読み放題

 

これがKindle Unlimitedのウリですね。

月額980円という価格は、本を月に何冊も買う人であれば、圧倒的にオトクです。
ビジネス本なら1冊、漫画なら2冊読めば元が取れてしまうからです。

私は学生時代から本好きで、月に3,4冊は確実に読んでいたので、価格には満足しています。

今までは、『お金を出して買ったのに内容がクソだった』…ということも多々ありましたし、そうした本は即ブックオフに売ります。

読み放題であれば価格を気にせずバンバン読むことができ、失敗してもお金を払っていないので、
「せっかく買ったから最後まで読もう」
という義務感もなくなります。

メリット② 豊富なラインナップ

 

キンドルはラインナップが豊富です。

その数なんと200万冊以上。
これは日本の図書館の蔵書数ランキングで見ると、第2位の数字です。

中には漫画や雑誌もあり、漫画は全巻読み放題のものもあります。
私は子供のころ好きだった漫画を、ダウンロードして読みまくりました。

ラインナップに関しては、以下のリンクでご確認ください。

KIndle Unlimitedのラインナップはこちら

👆👆👆👆👆

メリット③ ネットにつながってなくても読める

 

これは多くの電子書籍に共通することでありますが、キンドルアプリに書籍データをダウンロードさえしてしまえば、その後はネットにつながってなくても読めます。

そのうえ、複数の端末で共有して読むことができます。

 

たとえば、
購入はパソコン上で行い、
夜寝る前は購入したものを iPad等のタブレットで読み、
外出先、職場などでは iPhone等スマホでつづきを読めるのです。

アプリを閉じた時点で、自動的にしおりが挟まれますので、
いつでもどこでもストレスフリーに読めます。

メリット④ 個人出版サービス(KDP)もあり

 

何より、私自身、電子書籍を出版しています。

宣伝になっていまいますが、
先日も介護の本を出版しました。


 

電子書籍を出版するには
KDP(Kindle Direct Publishing)というサービスに登録する必要がありますが、こちらに関しては一切費用がかかりません。

(ただし、出版をするのにAmazonの審査があります)

本が売れれば収入を得られますし、Kindle Unlimited登録者に無料で読まれても、読まれたページごとにロイヤリティ収入を得られます。

もうちょっと改善してほしいトコロ

 

要望 神に祈る チャネリング

基本的に、Kindleのサービスには満足なのですが、ちっと改善したら良いなぁ・・・というところがあります。

改善してほしい部分① いっぺんにダウンロードできる上限が10冊

 

キンドルはアプリにダウンロードさえしてしまえば、ネットの接続有無を関係なしに読めると先にお話しました。
しかし、一度にダウンロードできる冊数が、10冊のみです。

Kindle Unlimitedはレンタルサービスなので仕方ないですね。
とはいえ、この上限をもう少し増やしてほしいな…という気持ちもあります。

読み終わった本は基本的に返してしまえば、また新しい本をダウンロードできます。ですが、読み終わっても、またいつか読みたい時のために、端末に残しておきたいということもありますよね。

そうした場合、そのお気に入りの本のレンタルを終了しても、また借りたくなったら借りれば問題ありませんので、どんどん新しい本に出会いましょう。

改善してほしい部分② 一部の本がラインナップからなくなる可能性

 

Kindleでは雑誌なども読めるのですが、古い雑誌はラインナップから外れてしまう可能性もあります。

しかし、一度読み終わった雑誌をずっと置いておくことも、あまりあるとは言えませんし、大きなデメリットにはならないでしょう。

そして、私が先程紹介した書籍のような個人出版の本は、ラインナップからなくなることは、ほぼないでしょう。
個人出版をしている身でいえば、Amazonに置いておけば読んでくれるものを、わざわざ取り下げるメリットがないからです。

月に数冊本を読むという方はオススメのサービス

メリットとデメリットを紹介してきましたが、月に数冊本を読むという本好きの方にはオススメしたいサービスです。

電子書籍作家としてのセールストークにもなりますが、ネットの細切れの情報より、書籍の方がまとまった情報を得やすいです。

読書 ソファー タブレット Kindle Unlimited

 

現在は、はじめてサービスに登録する方を対象に、『2ヶ月で299円』というサービス期間中です。
(私自身も利用しました)

オトクな期間にお試しで使ってみるのも良いですね。

 

登録は以下のリンクからできます。

Kindle Unlimitedの登録はこちらから可能です(^^)

👆👆👆👆👆

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。