【独身マイホーム購入記⑮】超ミニマスリストの生活【価値観の違い】

マキシマリスト ミニマリスト ブログ マイホーム

ミニマリストよりもマキシマリスト?

前回
【独身マイホーム購入記⑭】引っ越すまでのいろいろなソワソワ【待ちきれない】
からの続きです。

最近、「ミニマリスト」って言葉が流行ってますよね。
無駄な物は置かない、必要最小限なものだけで暮らすという考え方。

人は「選択」をすることで労力を使うと言いますよね。
なのでミニマリストの方々は、
洋服を必要最小限に減らして朝着るものを選ぶ労力を省いているといいます。

価値観は人それぞれなのですが、自分はどちらかというと逆かなと思いました。

よく本を読もうと思って本屋さんで1万円分くらい(10冊前後)買うのですが、買うことに満足してしまってロクに読まずに本棚にしまっていたりします。
でも、それで満足していたりしますね。もちろん読もうと思って買うのですが、読むことよりもコレクションするほうが楽しかったりもします。

だから、周りにモノがないミニマリストの生活は、退屈そうだなと思ってしまいます。
ミニマリストの逆・・・マキシマリストというらしいのですが、そうなんでしょうか・・・?

私が見た究極のミニマリスト

ちょうど、マイホーム引越しまであと9ヶ月というとき。女友達の家に遊びに行く機会がありました。

その子は年齢は当時25歳くらいだったかと思います。東京都内でOLをしている明るく普通の子でした。
ときどき一緒に食事をしたり、会話をしている中で、
「私って、家にモノ置かないんだ」
と話していたのですが、まさかそんなミニマリストだとは思いもしなかったです。

彼女の家に一歩足を踏み入れた瞬間びっくりしました。

当時私もワンルームアパートに住んでいて、広さ的には同じくらいだったかと思いますが、その子の家は、

テレビがない。
冷蔵庫もない。
電子レンジもない。
ベッドもない。
トイレとバスルーム一緒。

そして、「家で飲もう」と二人で話してそのつもりで家に遊びに行ったのですが、

テーブルがない。
椅子もない。
座布団もない。

その部屋に置いてあったのは、5冊ほどの本と、それを置いてあった本立てだけでした。

冷蔵庫がないので、ビールはどこかと聞いたところ、
「冬なのでベランダに置いて冷やしてある」と言います。

当時、ミニマスリトって言葉自体あまり聞かなかったのですが、

「ミニマリストってこういう生活なのか??」

と度肝を抜かれました。

ベランダに置いてあり大して冷えてもいなかったビールを床に置いて床に座って飲むのでした。

「こんな生活していて疲れない?」
と私は訊きましたが、特にこれ以上のモノが必要になったことはないとのこと。
(さすがに押し入れに布団と毛布、カバン、洋服などが入っていましたが、娯楽になるものは何ひとつないです)

最近になってYouTubeなどで「ミニマリストの生活」というような動画を見かけるようになりましたが、
彼女以上のミニマリストを見たことがありませんね。

マイホームはいろんなモノを置ける楽しみがある

自分がマイホームを購入した理由のひとつは、狭いワンルームアパートでは置くことのできない大型テレビやソファーなどを置くことができる事でした。

本立てしか置いていない彼女の家に一泊したとき、何もなさすぎて心がリラックスすることはありませんでした。

3lDKマンションの間取りには夢がある!

1室を映画鑑賞の部屋にしよう!

1室を筋トレやリラグゼーションの部屋にしよう!

1室を勉強部屋(書斎)にしよう!

夢が膨らむ!
自分はミニマリストとは逆を行くんだ!

家という住空間をより充実した空間にしよう!

彼女の家を出た後、大袈裟ですがそんな風に思ったのでした。

【独身マイホーム購入記⑯】早く決断をして良かった【納得】
へ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。