【独身マイホーム購入記⑫】購入してから引っ越しまでの1年もかかる!【期待】

マイホーム購入記 独身 引越しまでの期間

マンションは現在建築中

前回
【マイホーム購入記⑪】人生最大の買い物のワクワク【契約】
からの続きです。

人生最大の買い物をして、住宅ローンという実質大きな借金も背負ったわけです。

ただ、この時の心境は
早く引っ越したい、期待、楽しみ :95%
返済していけるか・・・不安   : 5%
という感じでした。

「今の自分」であるこの人生は一度きり。

「あの時、ああすれば良かった」
という後悔はこの先、どんな場面においても出てくるでしょう。

ただ・・・

「家を買う」という選択に関しては、数年経った今でも全く後悔はありません。

 

そして私の買ったマンションは、契約をした段階で、
完成して引っ越しができるようになるまで1年かかります。

あのモデルルームの感動が忘れられず、
1年は長すぎる・・・・・と思いました。

1日1日がカウントダウンの日々で、仕事中も家のことを考えてしまいましたね。

最初は和室がほしかったが

10年近く住んでいたワンルームアパートは洋室でした。
畳に寝っ転がれる生活に憧れていて、和室が欲しかったのですが、
私の買った間取りのモデルは基本洋室でした。

もうちょっと早く買えば和室へ変更することもできたそうです。
ただ、買った段階ではすでに建築に入っていたため変更は効かない状態でした。

ですが、住んで数年経った今、
結果的にはあえて和室は作らなくて良かったかなと思っています。

その理由は
当初和室を作りたかったリビング横の6畳の部屋を違う用途で活用しているからです。
(後日、執筆します。)

あと、洋室→和室にする場合、畳を敷いたり、畳カーペットを敷いたりすることで和室っぽくもできます。
逆に和室→洋室に変更する場合は、リフォームが必要だったり面倒なことも多く難しいです。

あと、畳は湿気がたまるとカビが発生したり、掃除にも注意がいります。
縁側を開けていることが多い昭和の家のような、風通しの良い状態ならともかくも、
湿気がこもりやすいマンションでは、和室にするという選択はよく考えたほうが良いかもしれません。

引っ越すまでの1年間のワクワク感は今でも忘れられない

今も3LDKのマンションは模様変えをしながら、一人暮らしの悠々自適生活を楽しんでいますが、
何よりも気持ちが高揚していたのは、契約をしてから引っ越しをするまでの1年間です。

待ち遠しい気持ちと、新しい生活、新しい人生への期待が膨らんで、
毎日がとても充実していました。

もちろんその時期も仕事やプライベートで嫌なことはありましたが、
そんなことを忘れさせてくれるくらい新生活に対する期待は大きかったのです。

【マイホーム購入記⑬】暮らしを2倍充実させてくれたオプションと標準設備【クオリティオブライフ】
へ続きます。

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。